FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ダマスクローズ 

2007.02.12 (Mon)
 注目の真浸透美容液、トライアルキットをお取りよせしてお気に入りで使っていたんですが、
  
 エフスクエアアイ
   インフィルトレート セラム リンクルエッセンス
 

  
 バラの中で世界的に香り高いとされる「ダマスクローズ」のアロマオイルも配合されてて、リラクゼーション効果も期待できるそうなんです。 Infoseek・楽天ニュースから
  
そんな、 ダマスクローズ  って何?? てことで、
  
ちょっと調べてみましたよ
  
  
 リンクルエッセンスのトライアルキットはこちら↓

     
    
 ベーシックラインのトライアルキットはこちら↓

     

 *2/28までの限定キャンペーン! 1人1回の申込みまでだそうです。
  こちらは数に限りがあるようなので、急いだ方がいいかも。
   
                   ← ぽちっとお願いします!
  

【More・・・】

ダマスクローズ (別名 ブルガリアンローズ)
 成分表示では、 ダマスクバラ花油 と表示されてるんですね。バラの花のあまーい香りと、ちょっと酸味の感じの混じったなんとも上品な匂いです。

   

 「クレオパトラ」もこよなく愛したって、どこかで読んだことがあったんですね!調べてみると、香りの文化は古くメソポタミアで始まり、バラがその代表だったんだそうです。クレオパトラも香りを大変好み、寝室にバラを50cmの厚さに敷き詰めたというエピソードもあるとか。そのエジプトで、香りの素としてバラが大量に栽培されていたんだそうです。
 その後に、蒸留技術が発達して「ローズ精油(アロマオイル)」や「ローズウォーター(バラ水)」として香りの素を取出せるようになって、香料として、薬や香辛料、化粧品として、宗教儀式にも用いられ大切に扱われてきたそうなんです。
 ブルガリアンローズの場合、この精油はごく僅かしかとれず、1滴の精油で約120個の花の香りが詰まっている計算になるんですって。だから、小瓶たった1本で50cmの厚さでバラの花を敷き詰めたクレオパトラのような「女王の贅沢」が楽しめます。
 世界各地で生産されるローズ精油の中で、最高級といわれるのが、ブルガリア・バラの谷に育つダマスクローズ。ブルガリアが品質を保証して送り出すローズ精油は、「ブルガリアンローズ」と命名され、国家基準に従いブルガスカ・ローザ国立研究所が認定しているとのこと。古くからその成分も解析されてきているそうです。
  
 ブルガリアンローズ精油 の主要成分例 (佐々木薫「ブルガリアンローズ」から)
  
  ブルガリアンローズ精油の成分

  
 ダマスクローズって、リラクゼーション効果だけじゃなくって、いろいろな効果があって古くから珍重されてきたんですね!
 (まだまだ、続きを書いていきますよ!)

    ← お役にたった方は、ぽちっとお願いしますね。  
  

テーマ : スキンケア&コスメ - ジャンル : ファッション・ブランド

EDIT  |  22:35  |  ダマスクローズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 | HOME | 
ウェブポ(年賀状総合サービス)

【年賀状】1枚お試しご注文で ウェブポの便利さをご体験ください