FC2ブログ
2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ゴッホが感動した江戸浮世絵展 そして蔵の街 川越散策ぅ~。 

2009.01.11 (Sun)
ゴッホが感動した江戸浮世絵展_by江戸浮世絵研究会 これ、新聞で見つけて行ってみることに..

 ゴッホが感動した江戸浮世絵展
   川越 仲町 あとひき煎餅 塩野さん2F
  蔵の茶屋 かくれんぼ にて (~1/15)

 江戸浮世絵研究会のメンバー4人の方の収集品。 三代歌川豊国による正月にちなんだ人物画とかを展示してくださってたの。 メンバーの方がとっても丁寧に説明してくださって、とっても勉強になりましたよ。
 ゴッホ といえば、そう ”ひまわり” とか有名ですよね。 そのゴッホ、実は日本の浮世絵にとても影響を受けてたそうなんです。 例えば、 ”タンギー爺さん” のように、背景に浮世絵を描いている絵画もあるくらいなんですね。 

蔵の茶屋_かくれんぼ_川越_仲町_あとひき煎餅_塩野さん2F


 ゴッホの時代、ヨーロッパの港では、日本からの輸出品を包むのに使われてた版画の浮世絵を拾うことができたりして、意外にも浮世絵と出会うチャンスがあったのだとか。 生活も貧しく牧師を目指していたゴッホにとって、浮世絵に描かれている”花魁(おいらん)”の、美しい姿が強く印象に残ると伴に、キリスト教では禁じられてきた遊女と呼ばれるような人たちが、富と市民権を得ていた異国の世界に、強い興味とあこがれを感じていたそうなんですね。
 日本の浮世絵。 本物は、とっても色使いが綺麗で、ホント心和む感じがしましたよっ。 浮世絵の魅力に取り付かれるって、なんだかわかる気がしましたねっ。

川越_醸ん楽座(かもんらくざ)2 さて、ちょっと歩いて石畳の路地を入ったら、楽しい場所がみつかりましたよっ。

 ここ、 ”醸ん楽座(かもんらくざ)”は、

 お醤油屋さんを中心に、ガラスアートのお店やカフェもあるのね。 ガラス細工の体験とかもできるらしいの。 一度、教えていただきながら、グラスとかを作ってみたいなっ。

CAFE_ESAGONO_川越_松本醤油商店のとなり
 寒い中ずっと歩いてきたので、ちょっと休憩。 CAFE ESAGONO (カフェ・エサーゴノ) さんでお茶をしました。 きなこと豆のロールケーキ は、小豆の風味ときなこの甘さでとぉ~っても美味しかったぁ。 マイルドエスプレッソ の香りを楽しみながら、しっかり温ったまりましたよ。

CAFE_ESAGONO_きなこと豆のロールケーキ&マイルドエスプレッソ







川越_醸ん楽座(かもんらくざ)


 場所は、 東武東上線の川越市駅 か、 西武新宿線の本川越駅 から歩いて、それぞれ10分くらい。 蔵造りの街並み のある中央通りを北に向かって、 仲町 の交差点を西にちょっと入ったところ。 仲町の交差点は、 まめ屋 さんが目印です。 お店の前で、試食のお豆を配っているので、思わず中に入っちゃいます。 お店の前に、”ゴッホが感動した江戸浮世絵展” のポスターも貼ってあるので、そちらに行かれる方は、地図で場所確認してくといいですね。

    <続きを読む>

   化粧品の選び方、変わる。  松田聖子さん、中島みゆきさんの CMで話題の アスタリフト

      ←お役にたった方は、ぽちっとお願いしますね。
  

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

EDIT  |  22:41  |  日記  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
 | HOME | 
ウェブポ(年賀状総合サービス)

【年賀状】1枚お試しご注文で ウェブポの便利さをご体験ください